薬剤師転職 > 薬剤師が転職するならば企業がお得ではないでしょうか

薬剤師が転職するならば企業がお得ではないでしょうか

あなたが薬剤師で転職を考えているならば企業を狙うのも一つの手ではないでしょうか?それは高収入が期待できる職種だからです。企業に勤務している薬剤師の平均年収は600万円から700万円程度です。

その中には1,000万円を超える高額な年収を貰っている人もいるのです。企業薬剤師を含んだ薬剤師全体での平均年収額が500万円から550万円ですから高額収入であることがわかります。

それでは企業薬剤師はどういった仕事をしているのでしょうか?一部をご紹介しましょう。

(1)治験業務(2)流通業務(3)管理業務 などの業務が考えられます。

1番目の治験は、開発している新薬を実際に人間に投与してどういった効果があるかを確認することです。職種としては治験コーディネーター(CRC)や臨床開発モニター(CRA)があります。

2番目の流通は、企業が開発した新薬を薬品卸売会社・医療機関・ドラッグストア・薬局に販売する仕事です。職種としては医薬情報担当者(MR)とか医薬品卸販売担当者(MS)があります。

3番目の管理は、新薬開発に使用する薬を管理する仕事です。職種としては、管理薬剤師・薬事・学術などです。中でも管理の求人はとても少ないです。企業求人の大半は治験と流通に集中しています。企業以外ではドラッグストアの店長などは役職手当が付きますから年収で700万円近くはいただけます。

独立で高収入を目指す?

店舗勤務を継続するとやがて能力が認められたら支店の店長になれるでしょう。その後、本部勤務やエリアマネージャーに昇進して高収入が期待できます。経験を重ねて将来的には独立して開業することも可能で事業が成功すれば高収入が期待できます。

企業とは異なって年収が増えてこないのが調剤薬局や病院勤務の薬剤師求人です。診療報酬が減額されているのが主な理由です。 それ以外に病院や薬局で得られている収入が減っていることも大きいです。

以上のように、高収入を目指す場合は企業が一番おすすめです。またはドラッグストアという選択肢も考慮に入れましょう。

薬剤師求人のためのお役立ちサイト

熊本県の薬剤師会の公式HPです。熊本県内の薬剤師求人支援サービスも紹介されているので、おすすめです。
熊本県薬剤師会