薬剤師の転職状況はどうなっているの?

転職を考えてるなら企業を狙うのも1つの手

薬剤師が転職するならば企業がお得ではないでしょうか

あなたが薬剤師で転職を考えているならば企業を狙うのも一つの手ではないでしょうか?それは高収入が期待できる職種だからです。企業に勤務している薬剤師の平均年収は600万円から700万円程度です。
アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?

その中には1,000万円を超える高額な年収を貰っている人もいるのです。企業薬剤師を含んだ薬剤師全体での平均年収額が500万円から550万円ですから高額収入であることがわかります。

それでは企業薬剤師はどういった仕事をしているのでしょうか?一部をご紹介しましょう。

(1)治験業務(2)流通業務(3)管理業務 などの業務が考えられます。

1番目の治験は、開発している新薬を実際に人間に投与してどういった効果があるかを確認することです。職種としては治験コーディネーター(CRC)や臨床開発モニター(CRA)があります。

2番目の流通は、企業が開発した新薬を薬品卸売会社・医療機関・ドラッグストア・薬局に販売する仕事です。職種としては医薬情報担当者(MR)とか医薬品卸販売担当者(MS)があります。

3番目の管理は、新薬開発に使用する薬を管理する仕事です。職種としては、管理薬剤師・薬事・学術などです。中でも管理の求人はとても少ないです。企業求人の大半は治験と流通に集中しています。企業以外ではドラッグストアの店長などは役職手当が付きますから年収で700万円近くはいただけます。

独立で高収入を目指す?

店舗勤務を継続するとやがて能力が認められたら支店の店長になれるでしょう。その後、本部勤務やエリアマネージャーに昇進して高収入が期待できます。経験を重ねて将来的には独立して開業することも可能で事業が成功すれば高収入が期待できます。

企業とは異なって年収が増えてこないのが調剤薬局や病院勤務の薬剤師求人です。診療報酬が減額されているのが主な理由です。 それ以外に病院や薬局で得られている収入が減っていることも大きいです。

以上のように、高収入を目指す場合は企業が一番おすすめです。薬剤師転職サイトに登録した時には、その点を意識しておくとよいでしょう。またはドラッグストアという選択肢も考慮に入れましょう。

薬剤師求人のためのお役立ちサイト

熊本県の薬剤師会の公式HPです。熊本県内の薬剤師求人支援サービスも紹介されているので、おすすめです。
熊本県薬剤師会

土日祝日休みと薬剤師

土日祝日が休みの職業というのは、サラリーマンなどのデスクワーク中心の仕事や営業などで飛び回っている方が多いのではないでしょうか。サービス業ともなると休日こそ稼ぎ時、不定休の人がほとんどだと思います。

そんな書き入れ時に休暇が欲しいとはなかなか言えませんよね。医療にまつわる仕事の人も、科目によっては土日祝日休みというのが叶わないケースもあります。

外来の場合は土日は休暇になる人もいると思いますが、個人病院やクリニックでは土曜日も開院しているということは珍しくありませんし、中には日曜日も開いているところもあるようです。そうなると調剤薬局も一緒に開くことになります。

調剤薬局に勤務する薬剤師の人も、土日に休みたいという希望を伝えられない、と言った人も少なくないようです。

ご家庭の都合もあるでしょうし、このようなケースでは転職も視野に入れることも考えてみて下さい。薬剤師の活躍の場は調剤薬局だけではありません。

例えば、営業として製薬会社に勤務するということも良い方法です。一般的には土日祝日は休みです。他にも様々な選択肢がありますが、ひとりで「土日祝日休み」の勤務先を探すとなると、なかなか希望を言い出し辛いということもあるかと思います。

このようなケースでは、薬剤師を専門に扱った求人サイトを活用してみましょう。登録はカンタン、パソコンやスマホから可能です。登録した後はコンサルタントが担当に付き、連絡をくれますので、自分の希望条件などを細かく伝えて下さい。

電話での打ち合わせなどで、しっかりと自分の考えを伝える事が重要といえます。打ち合わせが終わった後は、担当のコンサルタントが利用者の条件に沿った求人先を見つけ、紹介してくれます。元々土日祝日休みを希望しているのであれば、その希望にピッタリの求人を案内してくれるはずです。

勿論紹介されたからと言って、必ず就職しなければならないというわけではありません。見学をしたり面接を受けたりする中で、想像と違うということもあると思います。

面接と言えば、担当のコンサルタントが日程調節などもしてくれますので、利用者は時間を有効に使えるのもメリットです。また、ハローワークなどでは見つけることのできない非公開求人が豊富なのも、求人サイトの良い点でしょう。

薬剤師が当直のない職場への転職をする場合

医師や看護師など医療に携わる人たちというと、当直や夜勤をイメージする人も多いと思います。病棟で働くほとんどの人たちが、これらから逃れることは難しいです。

大病院などでは医師が足りず、月に何度も当直を行うことも少なくありません。看護師にとっても同じです。国で決められた夜勤の勤務時間ぎりぎりまで勤務することは珍しくないと聞きます。

薬剤師のケースでも、当直のある方はいらっしゃるのではないでしょうか。勿論どのような職場で働いているかによっても違うと思いますが…。

夜勤というのは体に掛かる負担がとても大きいです。生活のリズムが乱れますし、なかなかにハードな業務だと思います。年を重ねていくうちに、体が付いていかなくなることもあるでしょうし、ご家庭の都合もあると思います。

お子さんのいるご家庭などでは、夜の勤務は難しいという薬剤師さんもいると思いますし、たとえ免除してもらっていたとしても、それはそれで周囲に申し訳なさを感じ、メンタルに負担がかかります。

このように、できれば夜勤を避けたい病棟薬剤師さんの場合は、思い切って転職を考えてみるのもいいでしょう。ですが一人で転職活動をする場合、面接時などに自分の条件を伝えることはなかなか困難だと思いです。

また転職しても、思ったような職場と違ったということで、仕事へのモチベーションが下がるのも避けたいところですよね。

上記のような事が起こさないためにも、転職や再就職をされる際には、薬剤師に特化した求人サイトの利用がオススメです。エントリーすることによって利用者専用のコンサルタントが付き、親身に相談に乗ってくれます。

自分の希望条件や環境をきちんと伝え、一緒に求人を探していってください。コンサルタントが見つけてくれた案件の中に希望の職場があったときは、コンサルタントが面接の準備の手伝いや、交渉のサポートなども行ってくれます。

当直のない病院での薬剤師勤務が希望であれば、コンサルタントに伝えておきましょう。

薬剤師専門の求人サイトには、パソコンやスマホなどから登録できます。手軽に利用できるのも求人サイトの魅力です。